別の性別の方の映画感想やAmazonの新サービスについてのツイートが刺激になる

今日Twitterを見ると私が来月観に行こうと思っている映画を観て来た方が感想を書いていました。
その方は原作ゲームをプレイしていないのですが直感でその先のストーリーを考えていてさすがだと思います。
私とは性別が違うのでその感性の違いも興味深く、いつもその方のツイートを楽しみにしているのでした。
他にはAmazon KeyというAmazonの新サービスに関する記事を紹介するツイートが印象に残っています。
何でも留守の時にドライバーがカギを開けて荷物をそこに入れ、その様子は録画されていて客はそれを確認することができるそうです。
そのサービスは掃除や犬の散歩などのサービスを留守に受けることを可能にするそうで、ビジネスを一層拡大させることにつながる見込みがあると書かれていました。
それで介護や医療も受けられたらとても便利でしょう。
Amazonはいつの間にか単なるネットショップではなく巨大なインフラになってきてそのサービスを全て把握することは私にはできません。
初めてAmazonを使う時、クレジットカードを不正利用されたらどうしようとドキドキしていたことを懐かしく思います。